ゴルフスイング

練習場でできる、実践的なゴルフの練習方法とは!

ライドマン

ゴルフを上達するために、コースを実際にラウンドする事はとても大事な事です。

そして、意外と多いのが、ラウンドはするけれど、練習場には行かないという方です。

それで上達しているのであれば良いのですが、やはり、練習場での打ち込みも重要な練習方法のひとつにです。

ここでは、より実践的な練習をゴルフ練習場で行うには、どんな練習場を選べばよいのか、クラブ別の実践的な練習方法も合わせて説明していきたいと思います。

ゴルフを上達するために、コースを実際にラウンドする事はとても大事な事です。

そして、意外と多いのが、ラウンドはするけれど、練習場には行かないという方です。

それで上達しているのであれば良いのですが、やはり、練習場での打ち込みも重要な練習方法のひとつにです。

ここでは、より実践的な練習をゴルフ練習場で行うには、どんな練習場を選べばよいのか、クラブ別の実践的な練習方法も合わせて説明していきたいと思います。

どのようなゴルフ練習場を選ぶか

ゴルフの練習をする時には、一般的には最寄りの練習場を利用する事が多くなると思いますが、実践的な練習を目的としているのであれば、できるだけ練習場の環境も選んでみる事をおすすめします。

練習場のボールというのは実際のボールとは違い距離があまり出ませんし、打席によっては距離感もつかみにくくなっているので、どちらにしても方向性を重視した練習というのがメインになります。

ショートアイアンやウェッジの距離感などは、本来であればショートコースなどでラウンドをする事で上達を期待できると思いますが、練習場でもより実践的な方法で取り組む事が大切になります。

ショートアイアンとウェッジの実践的な練習方法

初心者や中級者はの方が、練習場でいちばん練習している(打っている)クラブは何でしょう。

多くの人が、ドライバーと答えるのではないでしょうか。

ドライバーだけでなく、比較的距離が出るクラブばかり練習している人を、多く見かけます。

しかし、初心者や中級者の方に、もっとも練習して頂きたいのはショートアイアンです。

ショートアイアンで距離と方向性をしっかりと安定させる事で、スコアはメ格段に良くなっていきます。

練習場でショートアイアンを練習する時には、できるだけ2階の打席でグリーンや看板などの目標が目の前にある打席がいいと思います。

なぜ2階なのかというと、キャリーで落ちた場所がはっきりとわかるからです。

1階ですと、練習場のつくりにもよりますが、5ヤード程度のズレはわかりにくい事が多いのです。

ショートアイアンは、縦の距離感の正確性も求められるクラブです。

ただし、2階打席から打つと上のネットに当ってしまうという方は、1階を選びましょう。

ミドルアイアンの実践的な練習方法

ミドルアイアンの場合も、できるだけ距離感を実感してほしいと思います。

初心者がスコアを安定させるには、極端な話しをすれば、6番アイアンから下のクラブが打てるようになれば、良いスコアがだせると言う人もいるくらいです。

練習場でのより実践的な練習方法としては、できたらやはり2階打席が良いでしょう。

ショートアイアンの時と同じように、落ち場所がはっきり見えるという事もそうなのですが、2階打席からですとボールを無理に上げようとする意識が薄れるために、ダウンブローを身につけるのに良いと思います。

ドライバーの実践的な練習方法

練習場でドライバーの実践的な練習を行うには、やはり距離のある練習場を選ぶといいでしょう。

ドライバーは、ある程度の距離から左右にぶれる事があるクラブなので、最低でも落ち際までは確認できる距離があると良いですね。

また、持ち玉がフェードボールの人は右サイドの打席、ドローボールが持ち玉の人は左サイドの打席を選ぶと、打ち出しの圧迫感がなく曲がり幅も確認しやすいと思います。

逆に、打ち出しが左に出やすいのを治したい場合は、あえて左サイドの打席を選ぶと、左サイドのネットがプレッシャーになって良いと思います。

右に打ち出しやすい人はその逆ですね。

いかがでしたか?

初心者や中級者の方には、ドライバーよりもアイアンを多く練習する事をおすすめしていますが、どうしても広い練習場に行くとドライバーを打ちたくなってしまうものです。

なので、今日はアイアンを練習すると決めたなら、あえて距離の短い練習場を選ぶのもいいと思います。

そうやって、練習メニューによって最適な練習場を選ぶのもいいかもしれませんね。


キム・ハヌル選手の練習動画↓

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

練習場でできる、実践的なゴルフの練習方法とは!

メニュー