初心者に大切なチェックポイント!【ティーグラウンド編】

getty

ゴルフ初心者

初心者に大切なチェックポイント!【ティーグラウンド編】

yukirinko

さぁ、ゴルフは楽しく真剣に。知れば知るほど楽しくなる。

いえいえ、それだけではないんですよ。知ることでゴルフはうまくなるんです。

そういう意味では『ゴルフと知識』は密接な関係があるんですね。

それでは初心者の皆さんにとっておきの「ティーグラウンド」チェックポイントを伝授しましょう。

さぁ、ゴルフは楽しく真剣に。知れば知るほど楽しくなる。

いえいえ、それだけではないんですよ。知ることでゴルフはうまくなるんです。

そういう意味では『ゴルフと知識』は密接な関係があるんですね。

それでは初心者の皆さんにとっておきの「ティーグラウンド」チェックポイントを伝授しましょう。

まずは初心者の豆知識から

まずは初心者の豆知識から

getty

ゴルフ発祥の地イギリスに行くと、ティーグラウンド(teeing ground)はティーボックスとも呼ばれています。

ゴルフの黎明期、ティーグラウンドというものは存在しませんでした。

初心者の方にとっては「えっ、ではどうやって?」と聞きたくなりますよね。

大昔のゴルフではホールアウトした後、そこからほんの数ヤード離れた場所に移動してテキトーな位置から次のティショットを打っていました。

これからゴルフを始めようとしている皆さんにとっては信じられない話かもしれませんね。

そもそもティーグラウンドとは何か

そもそもティーグラウンドとは何か

getty

ルール的にきちんと決まりがあります。
ティーグラウンドは各ホールのスタートで必ず使う決められたエリアです。

そのスペースはサイズ的な決まりはありません。横方向は設置されたティーマーカーの両端が幅です。

奥行きはティーマーカーのコース側の先端から2クラブレングス以内というのが定義です。

※2クラブレングスという言葉が出たので解説しておきましょう。これは2本のクラブを縦につなぎ合わせた距離です。この場合どのクラブでなければいけないという決まりはありませんが、通常はもっとも長いドライバーが使用されることが多いです。

ティーグラウンドで初心者がチェックすべきルール

ティーグラウンドで初心者がチェックすべきルール

getty

前述の定義された長方形の外でボールを打った場合、2打の罰が課せられます。注意したいですね。

よくあるのはティーグラウンドの種類を間違えること。

青・白・赤と色も形もさまざまですが、最初に決めた色は一日変化することなく使われます。

初心者のうちはゲームに夢中になりうっかり不注意ということもあります。

さぁ、Aさんがティショットを打とうとしています。

あなたはAさんのボールがティーショット区域から外に出ていることを発見!

さて、これって、教えたらペナルティなんでしょうか?







正解は、「ペナルティにはなりません」です。

こればかりは競技に関わるアドバイスではありませんからね。

単なる親切という見解です。

(ちなみに、競技中にほかのプレーヤーにアドバイスをしたり、アドバイスを受けたりするとどちらも2打罰になります。もちろん、プライベートのゴルフだったら、そんなこと気にせずに楽しんで問題ありません!)

初心者必見の「ティーグラウンド攻略術」

ポイント1
☆ティーマーカーの向きに騙されるな!

ゴルフには非常によくあるケースです。

ゴルフのスタンスは基礎の基礎。

その球筋と足の位置はとても重要なことです。

よろしいですか?ティーマーカーは正しい方向を向いていないものと心に刻みましょう。

初心者のうちは、二つのティマーカーが向いている方向を基準にスタンスを取る、つまり練習場スタイルになりがちです。

その方向は無視して自分の狙う方向を、打つ前に後方からよく見て確認することは重要です。

ポイント2
☆立ち位置の場所を選ぶこと。

初心者は得てしてティーグラウンドは平らなもの……と思い込みがちです。

とんでもない。結構凹凸があるんです。できるだけ平らな場所を探しましょう。


初心者の皆様はまずこのポイントを頭に入れて、あれこれ考えすぎずにティーショットに臨みましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初心者に大切なチェックポイント!【ティーグラウンド編】

メニュー