ライン出しのドライバーショットで安定感アップを目指そう!

getty

ゴルフスイング

ライン出しのドライバーショットで安定感アップを目指そう!

ライドマン

ドライバーであれアイアンであれやはり安定したショットというのは魅力的です。

そこで安定したショットを打つためにライン出しのできているショットというものを求めるようになってきます。

そこでここではよりゴルフが上達するためにライン出しのショットについて説明していきましょう。

上達の手助けとなれば幸いです。

ドライバーであれアイアンであれやはり安定したショットというのは魅力的です。

そこで安定したショットを打つためにライン出しのできているショットというものを求めるようになってきます。

そこでここではよりゴルフが上達するためにライン出しのショットについて説明していきましょう。

上達の手助けとなれば幸いです。

ライン出しのドライバーショットとは?

ライン出しのドライバーショットとは?

getty

ライン出しという言葉はゴルフをしていると耳にすることがあります。

ドライバーショットやアイアンでショットする際に、ラインを出すという使われ方をします。

具体的にどういう意味かというと、自分が打ちたいと思っている方向性の明確なイメージを持ち、それをボールに伝えていくということなのです。

目標に対してまっすぐ飛んで行っている場合にも使われることがあります。自分のイメージ通りに打てるということは自然とナイスショットにつながります。

そんなライン出しのできているショットが増えてくると上達してきたと実感できるでしょう。

ライン出しのできているショットを打つには?

ライン出しのできているショットを打つには?

getty

ドライバーでライン出しのできているショットを打とうと思ったら、まずはしっかりとインパクトさせなければなりません。

このとき、ボールに対してフェースをスクエアに当てる必要があります。そうするとストレートの球筋が打てるのです。

フェースが左を向いたり右を向いたりしていてはボールが曲がっていってしまいます。

毎回ボールに対して直角に当てることができればいいのですが、ゴルフではそれが一番難しいことでもあります。

特にフルショットする場合にはブレも大きくなり、なかなかライン出しができないでしょう。

ライン出しのショットを打つためにできることは?

ライン出しのショットを打つためにできることは?

getty

毎回ドライバーのフェースにきっちりと当てていくことは難しいため、ライン出しのショットではかなりの練習が必要です。

具体的に意識するポイントは以下の3つ!

・左腕、左手の甲、フェースを一つのラインだと考えスイングする
・構えたときに目線を低い位置を保つ(落下地点を見るようなイメージ)
・スイングはフルスイングの3/4(スリークォーター)を意識

ライン出しのショットでは基本的に球は低めにすることが良しとされておりますので上記のような意識を持って練習をしてみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ライン出しのドライバーショットで安定感アップを目指そう!

メニュー