つま先上がりのライからのアイアンはこう打とう!
スイング

つま先上がりのライからのアイアンはこう打とう!

REDマン

ゴルフ場に出ていくと常に平らなライ(地面)で打つことは不可能です。

傾斜があるところにボールがいってしまい、そこから打つことは珍しいことではありません。つま先上がりだったりつま先下がりだったりします。

そこでここではつま先上がりのライからの打ち方を紹介していきます。アイアンで確実に打てるようになっていきましょう♪

ゴルフ場に出ていくと常に平らなライ(地面)で打つことは不可能です。

傾斜があるところにボールがいってしまい、そこから打つことは珍しいことではありません。つま先上がりだったりつま先下がりだったりします。

そこでここではつま先上がりのライからの打ち方を紹介していきます。アイアンで確実に打てるようになっていきましょう♪

つま先上がりのライとはいったい何?

つま先上がりのライとはいったい何?

getty

そもそもつま先上がりのライとは何のことを言っているのか、それがわからないと意味がないので説明していきます。

つま先上がりのライとは、自分がボールに対して立ったときに、足の位置よりもボールの位置が高くなることをいいます。そのため、平らな場合よりもボールまでの距離が近くなるのです。

結果、スイングが横振りになりやすい傾向があります。アイアンで横振りになると自然とフックするボールが出やすくなります。

つま先上がりのライの場合では、狙う場所をいつもより右めにすることが基本です。

つま先上がりのライでのクラブ選びは?

つま先上がりのライでのクラブ選びは?

getty

では、つま先上がりのライにはまったときにどのようにクラブを選んでいけばいいのでしょうか。

打ち方は後で説明するとして、基本はアイアンで打つことをオススメします。

たとえ残りの距離があったとしても、フェアウェイウッドやユーティリティではボールまでの距離を調節するのが難しいため、ミスショットになる可能性が高いからです。

また番手選びも大切になります。傾斜の角度によってボールまでの距離が近くなりますので、傾斜が急な場合は短い番手にしていかなければなりません。

もしくは長い番手のクラブにしてわざと短く持つのもいいでしょう。打ちたい距離に余裕を持つことが適切な番手選びに直結します。

目安は、しっかり立ってハーフスイングできるくらいの番手を意識しましょう!

つま先上がりのライからの打ち方は?

つま先上がりのライからの打ち方は?

アイアンのクラブ選びも決まったところで打ち方を説明していきましょう。基本姿勢は前傾姿勢です。

傾斜がきつくなればなるほど前傾する角度を浅くしていきます。スイングは最初に述べたように横振りに自然となってしまいます。

そのため意識は背骨に持っていき、前傾角度を変えないまま右を向いて回転してから左に回転する、野球のバッティングのような横振りをイメージするといいでしょう。

この際に、先ほども少し触れましたがハーフスイングくらいで、まずはしっかりボールをミートすることを最優先にしましょう。

つま先上がりのライから打つ際の注意点は?

つま先上がりのライから打つ際の注意点は?

getty

アイアンのクラブの選び方、そして打ち方をマスターすればつま先上がりのライは決して怖いものではありません。

しかしながらここで一つ注意してほしいことがあります。それはフックボールが出やすくなるという点です。

このことを忘れていると狙ったところより左に飛んでしまい、苦労する羽目になります。

それを解消するためにいつもよりボールを右に置くことをオススメします。いきなりやるとミスショットを招くため、ボールの位置をやや高いところにおいて打つなど、前もって練習しておきましょう。

つま先上がりの対策は立てられたでしょうか。平らな練習場でいくらうまく打てても、常に好条件で打てるゴルフ場はありません。

こういったつま先上がりから打てるようになることもゴルフの上達には必要不可欠です。

アイアンでしっかり打てるように日頃から意識して練習していきましょう♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー