『ライ角』について~アイアン選びの際に確認!~

getty

クラブ

『ライ角』について~アイアン選びの際に確認!~

Fagio

ゴルフクラブのライ角の選び方は、ウッドとアイアンで違うことをご存知ですか?

今まで気にしてなかった、ウッドもアイアンも同じように選んでたかも、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここではまず、アイアンのライ角についてご紹介します。

ゴルフクラブのライ角の選び方は、ウッドとアイアンで違うことをご存知ですか?

今まで気にしてなかった、ウッドもアイアンも同じように選んでたかも、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここではまず、アイアンのライ角についてご紹介します。

ライ角って何だろう?

ライ角って何だろう?

アイアンを選ぶときに重要なライ角とは、ゴルフクラブをソール面が水平になるように地面に置いた時に、地面とシャフトの中心線が成す角度のことです。

ライ角が合っていない場合は、いくら正しいスイングをしてもボールがまっすぐ飛んでくれませんし、フェース面もずれてしまうので、自分の体に合ったアイアンを選ぶ時にはライ角はしっかり確認しなくてはなりません。

クラブのメーカーごとにライ角が設定されていますのでいろいろ構えてみて試してみるといいでしょう。

また、一部のクラブやメーカーによってはライ角をオーダーすることができます。

ライ角が合っていないと方向もブレる

ライ角が合っていないと方向もブレる

getty

構えた時にライ角が体に合っていないとボールの飛んでいく方向もブレやすくなります。

ソールのヒール(手前)側が浮いているとボールは右へ飛んでいきやすく、トゥ(先)部分が浮いていると左に飛んで行きやすくなります。

また、ライ角が合っておらず、どちらか一方に行きやすいということがわかると、逆にその反対方向へボールを飛ばそうとしてしまうようになってしまうこともあります。

インパクトの時にソールが地面にピタッとくっつくのが最適なライ角ですので、アイアンを構えた時にそうなっているかきちんと確認してみましょう。シャフトは、インパクト時に若干トゥ側が下がるようにしなるため(この現象を“トゥ・ダウン”といいます)、アドレスした時にコイン1~2枚分程度トゥ側が浮くくらいのライ角が目安となります。

ライ角の調整の仕方とは

ライ角の調整の仕方とは

getty

自分に合ったライ角を見つけるには、買う前にショップの販売員さんに相談することが大切ですが、購入後にライ角を調整できるものもあります。

軟鉄鍛造のアイアンなら基本的にはできると考えていいですが、できないものもありますので購入したショップやお近くのゴルフショップに問い合わせてみるといいでしょう。

また、目安として、身長が高い人はアップライトなアイアン、身長の低い人は一般的なライ角のアイアンで問題ないことが多いようです。

しかし、アドレス時の手の高さや姿勢、腕の長さなどにもよりますので、できれば実際に試打して確認してみることをお勧めします。

自分の体に合ったアイアン選びが大切

自分の体に合ったアイアン選びが大切

アイアン選びで一番大切なのは、自分の体に合っているかどうかではないでしょうか。

フックが出る、と悩まれている方はご自身のアイアンがアップライトになっていないか確認する必要がありますし、スライサーの方はアップライト気味のアイアンを試してみるとしっくりくるかもしれません。

ライ角が適正であればフェースの芯でボールをヒットしやすくなり、ボールにしっかりとエネルギーが伝達できるので気持ちよく飛んで行ってくれます。
この瞬間はたまりませんよね。

今お手持ちのアイアンでは、ライ角が合っていないし調整もできないというのであれば新しいアイアンを新調するのもひとつの手ではないでしょうか。

ショップなどで相談しながらご自身の体格に合ったアイアンを見つけてゴルフを楽しんでくださいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー