最初が肝心グリップの握り方!
初心者

最初が肝心グリップの握り方!

サンクチュアリゴルフ

グリップはプレイヤーとクラブの唯一の接点ですので、基本にしてもっとも重要な部分の一つになります。今回は主な握り方三種類の説明と利点を説明していきたいと思います。

グリップはプレイヤーとクラブの唯一の接点ですので、基本にしてもっとも重要な部分の一つになります。今回は主な握り方三種類の説明と利点を説明していきたいと思います。

オーバーラッピング

オーバーラッピング

もっともオーソドックスな握り方の一つで、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に置くように握ります。

左手主導で振りやすい・スイング中にずれにくいといった利点があります。7割以上のゴルファーがこの握り方を採用しているようです。

インターロッキング

インターロッキング

右手の小指と左手の人差し指を絡めるように握ります。右手主導で振りやすい・方向性が出しやすいといった利点があります。

タイガー・ウッズや石川遼もこの握り方です。

テンフィンガー(ベースボール)

テンフィンガー(ベースボール)

右手の小指を絡ませたり乗せたりせず、全ての指でグリップを握ります。両手でクラブをしっかりと握れるため、握力の弱いジュニアやシニアゴルファーに多く見られる握り方です。

どの握り方がいいの?

どの握り方がいいのかは人それぞれですので一概には言えません。ですが、「一番最初に習った握り方でずっと通していて他の握り方を試したことがない」という方は違う握り方を試してみることをオススメします。

今までよりも自分に合った握り方があるかも?


こちらの記事を見て頂いた方は体験レッスン無料、更にご入会頂いた方にはグローブをプレゼント!
是非、お問い合わせくださいね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー