初心者ゴルファーの初めてのクラブ選びって何が必要?【ウッド編】
初心者

初心者ゴルファーの初めてのクラブ選びって何が必要?【ウッド編】

golfpot

これからゴルフを始める方、すでに練習場に数回行っていよいよクラブを揃えようと思っている方も、ゴルフクラブは何を買えばいいとういう方は多いのでないでしょうか?

今回はそんな皆様にコースをラウンドするために必要なゴルフクラブの種類をご紹介させていただきます!

これからゴルフを始める方、すでに練習場に数回行っていよいよクラブを揃えようと思っている方も、ゴルフクラブは何を買えばいいとういう方は多いのでないでしょうか?

今回はそんな皆様にコースをラウンドするために必要なゴルフクラブの種類をご紹介させていただきます!

そもそもゴルフクラブって何本必要なの?

そもそもゴルフクラブって何本必要なの?

ゴルフでは、1人が使用できるクラブの本数が14本『まで』と決められています。

種類は後ほど説明させていただきますが、ここでご注目いただきたいのは、『まで』という表記です。

初心者の方は14本もいっぺんに揃えても、なかなか距離の打ち分けをするのは難しいと思いますので、まずは本数を減らして揃えてみるのもオススメです!

では、この点も踏まえながらクラブのご説明をしていきます。

ドライバー(1W)

ドライバー(1W)

ゴルフをしたことがない方でも、一度は聞いたことがある名前かもしれません。

1WのWはwoodの頭文字で、ドライバーや次にご紹介するフェアウェイウッドはその昔は柿の木(パーシモン)を使用して製造されていました。

その後の技術革新を経て、現在ではチタン素材が主流になってきています。

ドライバーは通常はそのコースの最初で打つティーグラウンドで使用するものです。

14本の中で一番遠くに飛ばすために設計されているため、シャフトが長く、ヘッドも一番大きいクラブです。

\ドライバー選びのポイント/
クラブのロフト(角度)とシャフトの硬さに注目してみましょう。
ロフトは男性の場合10度前後、女性の場合は13度前後がいいでしょう。

シャフトの硬さは【(硬い)X > S > SR > R > A > L(軟らかい)】の種類がまずは、男性の場合は(R)、女性の場合は(L)で揃えるのが良いと思います。

※男性で、力自慢の方は最初から少し固めの(S)を選んでもいいかも!

フェアウェイウッド(FW)

フェアウェイウッド(FW)

ドライバーの次に飛ぶクラブで主に2打目や距離の短いコースのティーグラウンドで使用するクラブです。

形はドライバーに似ており、ヘッドは少し小さく、シャフトの長さも短めです。
フェアウェイウッドには次のような種類があります。

2番ウッド=12度〜14度
3番ウッド=14度〜16度
4番ウッド=16度〜17度
5番ウッド=17度〜19度
7番ウッド=20度〜22度
9番ウッド=22度〜25度
※ メーカーによって多少誤差があるかもしれません。

\フェアウェイウッド選びのポイント/
先ほどもお伝えしましたが、最初はなかなか打ち分けも難しいと思うので4番ウッドか5番ウッドのどちらか1本あればOK!

硬さはドライバーに合わせてください。

ユーティリティー

ユーティリティー

ユーティリティーは最近ではセットに欠かせなくなったクラブです。その名の通り、あらゆる場面で使用することができます。

ユーティリティーにもフェアウェイウッドと同じように15度〜28度くらいまでのロフト幅があり、シャフト素材もカーボンとスチールの2パターンがあります。

\ユーティリティー選びのポイント/
ロフトは20度〜23度くらいで1本セットに入れておけば安心。
シャフトの硬さは他と共通で素材は、一般男性と女性はカーボンで、力自慢の男性はスチールを選んでもいいかも!


今回はドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー編をお伝えさせていただきました。
別途、アイアン、ウェッジ、パター編をご確認いただければゴルフクラブの種類を全て知ることができます。

是非そちらもご確認下さい!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー