ゴルフ初心者

初心者だからこそ知っておきたい、ゴルフコースの芝についてのマナー

p562p

ゴルフコースに行くと、広大な敷地が芝生で埋めつくされています。

そして、その芝生に関するマナーがあるのはご存じですか?

初心者じゃなくても、ついついおろそかなってしまいがちなこのマナー。

今回は、ゴルファーの皆様に覚えておいていただきたい、芝に関するマナーについてご紹介します!

ゴルフコースに行くと、広大な敷地が芝生で埋めつくされています。

そして、その芝生に関するマナーがあるのはご存じですか?

初心者じゃなくても、ついついおろそかなってしまいがちなこのマナー。

今回は、ゴルファーの皆様に覚えておいていただきたい、芝に関するマナーについてご紹介します!

この砂の使い道ってなに?

この砂の使い道ってなに?

各ホールのティーグラウンドには、写真のような砂置き場があるのってご存知でしたか?

砂置き場があるのをご存知の方でも、これは何に使う砂なの?って方もいらっしゃるのでは。

実はこの砂は、ゴルフコースの芝生を再生させるためにあるものなんです。

ゴルフコースでショットをするときに、皆さんは芝生を削りとりますよね。

このとき、削り取った芝生を再生させるのに、この砂がとっても大事なんです。

削りとった地面にこの砂を埋めておくと、芝が早く再生してくれるんです!

そのためにあるこの砂のことを、「目土(めつち)」と言います。

次にプレーする人が気持ち良くラウンドできるようにする、こう言った心遣いもゴルファーとして大事なことですよね^ ^

コースの途中ではどうやって目土すればいいの?

コースの途中ではどうやって目土すればいいの?

ティーグラウンドには、先ほどような砂置き場があるため目土をすることができますが、コースに出たらどうすればいいの?という方もいらっしゃるのでは。

安心してください!

ゴルフコースでは、ゴルフカートに写真のような砂袋(目土袋)がほぼ必ず用意されています。

この目土袋にスタート地点で砂を補充しておけば、コース内でも地面に砂を埋めることができます!

こんなにかわいい目土袋もありますよ!

ゴルフ好きの方になってくると、自分用のMY目土袋がほしくなってきますよね。

そんな方には、写真のようなかわいい目土袋もありますよ。

こちらの目土袋は、丈夫さと通湿防水に優れた天然素材を使用しており使えば使うほどに風合いが出てくるんです。

これ以外にも、キャンパス地のランチバックなんかも目土袋として利用できます。

あなたも自分専用の目土袋を持って、ワンランク上のゴルファーになってみてはいかがでしょう?

グリーン上では、このフォークが大活躍!

ゴルフコースで、もう1つ芝生の保護に欠かせないものがあります。

それが画像のフォークです。

ゴルフコースにはたいてい置いてあるのですが、もしかすると見たことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは、グリーン上にボールが落ちた時にできる凹み(ピッチマーク)を直すために使用します。

動画で紹介されているように使用すれば、グリーンも綺麗な状態で保つことができますよ!

暖かくなってくると、ピッチマークができやすくなります。

是非あなたも、グリーン上にできたピッチマークを直しててみてくださいね。

グリーンフォークもおしゃれに!

目土袋と同様にグリーンフォークもおしゃれなものがたくさん発売されています。

写真はスコッティー・キャメロンのグリーンフォークです。

ウェアだけではなく、目土袋やグリーンフォークもこだわって探してみるのも楽しいですよね。


いかがですか?

今回はゴルフ場に無くては成らない芝マナーについてご紹介させていただきました。

1人1人がマナーを心がけてブレーすればもっとゴルフが楽しくなるはず!

是非、皆さんもゴルフコースで実践してみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初心者だからこそ知っておきたい、ゴルフコースの芝についてのマナー

メニュー