クラブ

【パターの重さと長さ】失敗しないクラブ選びのヒント

golfshop19

ゴルフクラブ工房の店長である私が、日々お客様とお話しする中で感じるアレやコレやを元に、クラブ選びのヒントをお伝えします。今回はパターの長さと重さについてご説明をさせていただきます。

ゴルフクラブ工房の店長である私が、日々お客様とお話しする中で感じるアレやコレやを元に、クラブ選びのヒントをお伝えします。今回はパターの長さと重さについてご説明をさせていただきます。

長さもいろいろでルールが変わったので注意!

長さもいろいろでルールが変わったので注意!

getty

身長が高ければ丈の長いパターがマッチするか?というと一概にそうでは有りません。そもそもパターの長さはドライバー、フェアウェイウッド、アイアンの中で一番種類が豊富です。

パターの長さはレギュラーで32〜35(インチ)があり、中・長尺で36〜45(インチ)位があります。

因に、ゴルフ競技ルール変更に伴い2016年から、中・長尺パターで写真のように左手のグリップを体につけて固定する握り方が禁止となりましたのでご購入される際はご注意を!

パター選びはスタンスも重要!

パター選びはスタンスも重要!

getty

パター選びにはスタンス(手の位置)も重要です。パターのスタンスがハンドダウン気味(手元が低い)なら短め、逆にハンドアップ気味なら長めという具合です。

一般的に正しい合わせ方として言われているのはスタンスした際、左目の真下にボールが来るように構えまることが良しとされています。

その時に、パター底辺(ソール)の地面への接地の仕方で長さを決めます。もし、構えてヘッドの遠い方(トゥー側)が上がり過ぎる状態だと球は左へ転がり易くなります。逆の場合は右に行きやすくなります。

このことから身長の違いで長さを決めるのでは無く、先ずはパターを構えてソールを見てみよう!というのがパター選びの第一歩になります。

パターの重さやバランスの違いも忘れずに!

1Wやアイアンと同様にパターにも重さ、バランスの違いがあります。基本的に重さの違いはヘッドの大きさに比例しバランスの違いは長さに比例します。

では、この違いがストローク中どのように影響するかですが、まず重さの違いですが単純に重いパターでボールを打つと力強く転がります。わかりやすい例だと、重い頭のハンマーで釘を打つ方がチョットの力で釘を打てるのと同様です。

次に、バランスの違いですがそもそもバランスとはヘッド側が重たいのか、グリップ側が重たいのかということを図る指針をいいます。パランスはストロークした際の振り幅に影響します。ストロークした際、重く感じれば振り幅は狭く軽く感じれば大きくなる。

どれを選ぶかは、あなた次第!さあ、お店に行ってボールを転がしてみましょう!きっと、最高の1本に巡り逢える筈!

まとめ

パターだけは、使う人の感性が一番出るクラブだし一番飛ばさないクラブだけに方向性には特に注意したい1本です。ここで紹介した内容はあくまで導入部に過ぎません。

これに、その人なりの持った時の感覚・打った時の打感を加味してよりよい1本を見付けていきます。さらには、よく使うボールが硬いか軟らかいか?で選ぶのもアリです。因に、軟らかい打感のフェイスには硬いボール。その逆で硬いフェイスには軟らかいボールが合います。

このように、追求して行くと最高の1本に巡り逢うためにはいろんな種類のパターを打つ必要があるのです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー