体幹の緩みをチェックしてアイアンショットをマスターしよう

getty

ゴルフスイング

体幹の緩みをチェックしてアイアンショットをマスターしよう

REDマン

初心者にとってスイングのことばかりが気になりますが、まずはその前に道具としてのアイアンを理解することがゴルフ上達の近道です。

そして、クラブの形は長い時間を掛けて今のそれになりました。その一つひとつにアイアンをマスターするヒントが隠れています。

初心者にとってスイングのことばかりが気になりますが、まずはその前に道具としてのアイアンを理解することがゴルフ上達の近道です。

そして、クラブの形は長い時間を掛けて今のそれになりました。その一つひとつにアイアンをマスターするヒントが隠れています。

脱手打ちゴルファー

脱手打ちゴルファー

getty

アイアンショットを始めると、初心者は特にフック以上にスライスに頭を抱えるのではないでしょうか。

クラブの扱いに不慣れな事もあり、ボールに当たる瞬間、身体が開いてしまうのが原因の一つです。

それを手元で微調整してしまうと、手打ちゴルファーから脱出は出来ません。

ではどうすれば、手打ちゴルファーから抜けられるのでしょうか。

その答えは、体幹の緩み、ブレを意識する事から始まります。手で打つ様に見えても、意識の中ではボールを打つと言う時間はありません。

下半身によって生み出された捻転に引っ張られ、体の回転の結果に肩から腕へと伝達されて結果的にボールを打つのです。

脱初心者の近道は弓道にあり

脱初心者の近道は弓道にあり

getty

アイアンショットをマスターする為には、体幹の緩みを常に意識することが大切です。

下半身の捻転差によって生み出された身体全体の力が、限界となった上半身が一気に回転し、連動してボールを飛ばすのです。

なぜ手打ちがダメだと言われるのか。腕の筋力でボールを正確に打つには限界があるからなのです。

意外に思うかもしれませんが、ゴルフスイングは弓で矢を打つ時に似ています。大きくたわんだ弓の反発力を使って矢を飛ばすのであって、矢を自分で押し出したりはしません。

ゴルフでも同じことなのです。

脱初心者ゴルファーで楽しくラウンド

脱初心者ゴルファーで楽しくラウンド

getty

弓を引く動作は、まさにテークバックに相当します。的に向かって射る様に、ゴルフスイングでも正しい腰の回転を行わなければいけません。

ただ弓を射るのとは大きく違うのは、アイアンショットが回転運動だという事です。特にテークバックした時の腰と肩先の回転具合に意識が必要です。

初心者はどうしても緩みが大きく、いつの間にか腰も肩もほとんど動かさずに手先だけで打ってしまいます。

慣れるまでは全てに時間を掛けて、捻転に意識を持つ事です。

スタンスをとった後、腰が動く事で肩が回り、結果的に腕やクラブも後方へと動いて行く意識を反復練習して下さい。

脱スライスでナイスショット

脱スライスでナイスショット

getty

アイアンショットで多くのゴルファーが悩むスライスですが、体幹の緩みにもその原因があります。

と言うのも、下半身が上手く使えていないゴルファーは、飛距離や方向性でも悩みはじめます。

弓を射ることに例えると、射る前に弓を持っている腕を動かしているからなのです。スライスを嫌って、フックまで出てしまうほど迷い道にはまる事もあるのです。

しっかりとしたテークバック、腰の切り返しが正しいスイング軌道を導き、正確なインパクト、フォローへと続きます。

アイアンは、ボールを目的地に正確に運ぶ為の道具です。クラブのしなりを使って力感のないショットをマスターしたいものです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

体幹の緩みをチェックしてアイアンショットをマスターしよう

メニュー