ゴルフスイング

練習後の正しい「マメ」の位置とは?!

REI

打ちっぱなし練習後、手にマメができる方は力が入り過ぎていると言えます。

ただし、正しいスイングをしてできるマメと、間違ったスイングできるマメがあります。

正しいスイングができているのか、手のマメの位置で判断する方法をご紹介します。

打ちっぱなし練習後、手にマメができる方は力が入り過ぎていると言えます。

ただし、正しいスイングをしてできるマメと、間違ったスイングできるマメがあります。

正しいスイングができているのか、手のマメの位置で判断する方法をご紹介します。

マメの位置で正しいスイングの状態がわかる

打ちっぱなしでの練習後、両手にマメができてしまった経験は、誰でもあるかと思います。

このとき、みなさんはどの場所にマメができましたか?

実は、手にできるマメの位置で、正しいスイングができているのか、判断することができます。

ゴルフ上級者になれば、グリップに力は入れないので、両手が綺麗な方が多いと言えます。

つまり、手にマメができる人は、力を入れなくてもいい部位に力が入っているため、マメができてしまうのです。

ゴルフは左手のスポーツ

よくゴルフは左手のスポーツと言われます。

右利きの場合、右手で打つほうが飛びそうなイメージがあるかもしれませんが、左手でゆったり打つほうが実際は飛距離が伸びます。

そのため打ちっぱなしなどの練習後、マメの位置が右手にある方は、右手に力を入れすぎていることになります。

特に右手の薬指にマメができる方は、右手打ちになっている証拠です。

正しいグリップでは、右手の薬指は支えているだけなので、本来マメはできない場所になります。

ただし、右手の皮がすれるのは問題ありません。皮膚がグリップとすれてできたものになります。

しっかり握ると強く握るは違うこと

右手のグリップは、「親指と人差し指で安定させて握る」と言われます。

しかし、マメの位置が右手の親指と人差し指にできる場合は、強く握りすぎていることになります。

グリップはしっかりと握る必要はありますが、強く握るのとは異なります。

ギュッと握りしめてしまうと、右手に力が入りすぎて右手打ちになってしまいます。

力は入れていないけど、隙間なくグリップを握っている状態が、「しっかり握る」ということです。

この点に注意して、正しいグリップすれば練習後のマメも軽減されるはずです。

練習後の正しいマメの位置はココ!

結局のところ、右手にできるマメは全て間違いと言えます。

では、左手にできるマメなら正しいのか?

やはり、左手にできるマメの位置でも正しいものと、間違っているものがあります。

グリップは、左手の中指、薬指、小指の3本で握るものです。もし、この3本の指以外にマメができている場合は、正しいグリップができていないことになります。

ゴルフ初心者であれば、練習後に両手がマメだらけになっていてもおかしくありません。

最初のうちは気にせず、まずは繰り返し練習を続けてみましょう。

しかし、グリップの仕方がそもそも自分に合っていない可能性もあります。

グリップの仕方には、主なものでオーバーラッピング、インターロッキング、テンフィンガーの3種類があります。

合っていないと感じたら、違うグリップの仕方を試してみるのも手です。

そして、ゴルフにも慣れてきたころに、自分の手のマメの位置を判断基準にして、正しいスイングやグリップができているのか、確認をするようにしましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

練習後の正しい「マメ」の位置とは?!

メニュー