女性ゴルファーは、フェアウェイウッドとユーティリティーを上手に活用しよう

getty

ゴルフクラブ

女性ゴルファーは、フェアウェイウッドとユーティリティーを上手に活用しよう

mist

私たち女性ゴルファーにとって、セカンドショットの距離がたくさん残ってしまうなんて、よくあること。

長い距離が残ったセカンドショットをどれだけ成功させるかがスコアアップにつながっていると言ってもよいと思います。

そこで重要になってくるのが、フェアウェイウッドとユーティリティー。

今回は、この2つのクラブの特徴を、それぞれご紹介させていただきます。

私たち女性ゴルファーにとって、セカンドショットの距離がたくさん残ってしまうなんて、よくあること。

長い距離が残ったセカンドショットをどれだけ成功させるかがスコアアップにつながっていると言ってもよいと思います。

そこで重要になってくるのが、フェアウェイウッドとユーティリティー。

今回は、この2つのクラブの特徴を、それぞれご紹介させていただきます。

フェウェイウッド

フェウェイウッド

getty

フェアウェイウッドには、3番・4番・5番・7番・9番、11番と様々な番手が用意されています。

フェアウェイウッドは、ソールが広いためミスショットに強く、多少ミスをしてもそれなりに距離がかせげます。

3番ウッドは、フェアウェイウッドの中で一番飛距離が出るクラブですが、長さも一番長くロフト(フェース面につけられている角度)が立っているのでボールが上がりにくく、使いこなすにはそれなりの腕とスイングスピードが必要になります。

最初は少しやさしめの5番ウッドや7番ウッドを使いこなせるように練習するといいと思います。

ユーティリティー

ユーティリティー

getty

ユーティリティは、フェアウェイウッドとアイアンの中間的なクラブで、使われ方もフェアウェイウッドの一番下の番手とアイアンの一番上の番手間を埋めるために使わている人が多いと思います。

ユーティリティーは、メーカーによって番手表示がバラバラだったり、表示番手とロフトのイメージもメーカー毎に全然違うので、注意が必要です。

私の場合、今使用しているクラブのロフト角や長さなどの情報をカタログやメーカーホームページで確認をして、今必要な番手を揃えるようにしています。

実戦での活用方法

実戦での活用方法

getty

私の場合、フェアウェイウッドとユーティリティは以下のような形で使い分けをしています。


・3番・5番・7番ウッド

ティーショット、フェアウェイや短いラフからのショット。


・ユーティリティー

フェアウェイからのティーショット、ラフからのショット。

ユーティリティーは、フェアウェイウッドのようにミスに強く、フェアウェイウッドより
も長さが短く、アイアンよりも飛ばすことのできるクラブです。

得意クラブにできれば、かなり使い勝手の良いクラブです。



いかがでしたか?

今回、ご紹介したことがみなさんのクラブ選びの参考になることを願っています。

是非自分にぴったりのゴルフクラブを探してみてくださいね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

女性ゴルファーは、フェアウェイウッドとユーティリティーを上手に活用しよう

メニュー