キャディが教える、夏ラフ攻略法! ( グリーン周り編 )

getty

ゴルフスイング

キャディが教える、夏ラフ攻略法! ( グリーン周り編 )

Kenjiiii

特別な事は何もしません。

大事なのはライの見極め、考え方、それとセットアップです。

特別な事は何もしません。

大事なのはライの見極め、考え方、それとセットアップです。

まずはこの写真を見て下さい

まずはこの写真を見て下さい

皆さんは、この状況を見て何を思いますか?

左のボールは、浮いてるし問題ないな。
右のボールは、ちょっと沈んでて難しそう。

そんな感じでしょうか。

どちらの考えも、ボールがどのくらいラフに沈んでいるかで判断しています。

そう、ほとんどの人は、ラフにあるボールに対して、どのくらい沈んでいるかだけが判断基準になってしまっています。

確かに、それはとても大事な事です。
でも、それだけではありません。

どちらのボールも、沈んでもいるけど、浮いてもいるんです。

ケース ① 浮いているライ

ケース ① 浮いているライ

グリーン周りのラフですが、芝が短めにカットしてあり、その上に乗っかっている感じです。

パッと見、ほとんど沈んでいない何も問題のないライ。そのまま何も考えずに打ってしまう人もいるでしょう。

でも、ここでちょっと考えてみて欲しいのです。どのくらい浮いているのかと。

このくらい浮いています

このくらい浮いています

指を差し込んでみると、地面からはざっと2センチ程度浮いていました。

つまり、2センチくらいの高さでティアップをしているのと同じような状況です。

これに気が付かず、無造作にクラブヘッドを芝に置いてアドレスしてしまうと、重みでヘッドは沈み、知らず知らずのうちにダフる準備ができてしまっています。

その結果、ザックリかフェースの上に当たって大ショートって事になりかねません。

ではどうすれば良いのか?

ではどうすれば良いのか?

ヘッドをボールの高さに合わせてセットアップしてみましょう。

クラブのリーディングエッジを、ボールの赤道より少し下、入れていきたいところに合わせてセットアップし、アドレスするのです。

ヘッドを浮かせて構えることができないという人は、地面から浮いている分(この場合は2センチ高さ)のティアップをしているボールを打つ意識を持つと良いでしょう。

打ってみました!

緩やかな下り傾斜ですが、ボールは浮いているので問題ありません。

出球の強さと高さ、落ちてからの転がり具合をイメージしたら、あとはセットアップを気を付けるだけ。

入れにいきましたがちょっと引っ掛かっちゃいました(^_^;)

フォームが変とかは置いといて下さいねww

お先!でパーです( ´ ▽ ` )ノ

ケース ② ちょっと沈んでいるライ

ケース ② ちょっと沈んでいるライ

グリーン横、芝が長めで軽く逆目のライです(ピンは左方向です)。

真上からの写真なのでわかりにくいかもしれませんが、ボール2/3個分くらい沈んでいます。

ですが。。。これも浮いています。

こんなに浮いています

こんなに浮いています

ボールは2/3くらい沈んでいるのに、地面からは3センチ以上浮いているのです。

これに気付かず、グリップは強めに握って、上から鋭角にヘッドを。。。なんて事をしていると、まずザックリですww

長めの芝や逆目の場合は特に注意。ちょっとでもボールの下にリーディングエッジが入っちゃうと容赦ありません。

打ってみました!

このくらい沈んでいると、どうしてもクラブとボールの間に芝が入るので、いつもより多くランが出ます。

それと、ラフに負けないように振っていくので、当然出球も強めになります。

この2点を頭に入れて、通常より手前に落とし所を設定します。

打ち方は、この程度のラフなら普通に打っちゃいます。

気を付けるのはセットアップだけ。

結果は50センチに寄り、お先パーでした( ´ ▽ ` )ノ

大事な事は。。。

大事な事は。。。

getty

プロの試合に出てくるような、もしゃもしゃなラフじゃない限り、正しくボールをヒットできれば、意外と楽にクラブは抜けてくれるものです。

これは、アプローチだけでなく通常のショットにも同じ事が言えます。

大事なのは、ライの見極め、考え方、セットアップです。ぜひ試してみてください。

それではまたー( ´ ▽ ` )ノ


正しくヒットするための練習方法はこちら

キャデイが教える、自宅でできる!絶対に上手くなるアプローチ練習法!
http://gridge.info/articles/958

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

キャディが教える、夏ラフ攻略法! ( グリーン周り編 )

メニュー